選ぶなら田七人参、その理由はサポニン

健康効果があるとして、注目されている物質の一つに「サポニン」があります。サポニンとは、糖で構成される配糖体の総称のことで、様々な植物に含まれています。サポニンの主な効果は、コレステロール値の減少、肥満防止、免疫機能の向上などです。体の様々な部分に効果があり、健康的な体作りに役立つ物質といえます。
一口にサポニンといっても、実は原料ごとに数多くの種類があり、その働きにも多少の違いがあります。
数あるサポニンの中で、特に血糖値の抑制に効果があるといわれているのが、人参サポニンです。「ジンセノサイド」と呼ばれることもあります。
健康な体であれば、食事で一時的に血糖値が上昇しても、膵臓からインスリンが分泌されるため、しばらくすれば元の状態に戻ります。しかし、インスリンの働きが弱まったり、分泌される量が減ったりすると、血糖値が下がらない状態が続いてしまいます。すると、血管を傷つけて動脈硬化を引き起こし、様々な病気に繋がってしまうのです。
こうした高血糖状態を解消するのに役立つのが、ジンセノサイドです。ジンセノサイドにはインスリンと似たような働きがあることが分かっています。ただ血糖値を下げるだけでなく、既に糖尿病が発症している人にも効果があるといわれています。
ジンセノサイドが含まれている食品を普段の食事に取り入れるのは難しいでしょう。そこで、サプリメントで摂取するのがおすすめです。手軽なので、毎日続けやすいというメリットがあります。
サプリメントを選ぶ際に注目したいのは、ジンセノサイドの由来となる植物です。効果的にジンセノサイドを摂取するなら、田七人参のサプリメントを選ぶと良いでしょう。
ジンセノサイドを含む植物としては、他に高麗人参がありますが、田七人参のジンセノサイドの含有量は、高麗人参の約3~7倍です。より高い健康効果を得たいのであれば、田七人参のサプリメントの方が良いといえます。

ちなみにサポニンに関してはこちらのサイトに詳しく書かれています。
http://www.サポニンサプリおすすめガイド.jp

また、田七人参には、パナキサトリオールと呼ばれる成分が含まれています。これには、血液中から筋肉に取り込まれる糖の量を増加させることで、糖の代謝を活発化させる働きがあります。ただ成分を摂取するだけでも効果がありますし、有酸素運動で筋肉を使えば、より高い血糖値抑制の効果を得ることが出来ます。
田七人参に含まれるサポニンなどの成分には、健康効果を高める成分が豊富に含まれています。毎日の生活に取り入れていきましょう。